カドヤ食堂 阪神百貨店 スナックパーク

阪神百貨店のスナックパーク

つい先日にカドヤ食堂本店に行ったばかりなのですが、とある「気になること」を確認したくて、スナックパークへ行ってきました。

スナックパークとは、阪神百貨店梅田本店にあるフードコートです。立食形式なのが特徴。わりとリーズナブルな価格帯なのも考えると、平日の昼休みのサラリーマンを想定しているような気がします。立ち食いですと手が込みすぎた料理は厳しいですし、お客さんの回転も速いと考えられますので。

これが入り口。

入り口にはお店の一覧が外から見ることができます。

阪神といえば名物のイカ焼きですが、スナパーにもあります。御座候もあります。

メニュー一覧

西長堀の本店と違って、メニューは4種類のみ。

中華そば500円。

味玉入り中華そば600円。

特製中華そば850円。

豚めし250円。

いずれも税込みです。プラス100円で麺大盛りができます。

スポンサーリンク

コスパ抜群 味は?

注文したのは味玉入り。600円。本店に行っていますので、味の面では間違いないという確信がありました。

それはさておき、「気になること」の確認をしなければなりせん。

すなわち、
・本店と比べてなにゆえにこんなに安いのか?
・安い値段に対して味は変わるのか?
という点です。

まず、ラーメンの見た目の部分ではほとんと違いがわかりませんでした。しかし食べ始めると、本店との違いがすぐにわかりました。

本店のほうが食感が柔らかい感じでした。スナックパークの麺は本店と違い、出店にあたって新たに開発されたそうです。一方、スープはほとんど違いは感じませんでした。本店では着席してから10分以上待っていましたが、スナパーでは3分も待っていなかったと思います。これも業態の違いかなと思います。

コスパを考えると、極めて高い。本店は中華そばが900円ですから、ワンコインで食べられるというのは大きいですね。しかし、味そのものは完全に本店の圧勝と言えます。コスパのスナパーか、味の本店かというところは意見が分かれるでしょう。

本店のほうが気になる方は、こちらの記事もどうぞ。

カドヤ食堂 本店

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です