四天王寺庚申堂 真田幸村も前を通過したのかも…

四天王寺庚申堂御本堂2

この庚申堂の名前からきている、「庚申街道」という道があります。

四天王寺から南東方向に向かっており、それは志紀長吉神社近くまで続きます。

徳川家康・真田幸村の両者が陣を敷いた茶臼山古墳や、

幸村最期の地である安居神社も近いです。

豊臣秀頼公が再建し、毛利勝永の先陣がいたということもあり、

大坂の陣との縁は大変深いです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です