大阪城 実は関西有数のパワースポット

大阪城へ行きました

大阪城といえば、去年の大河ドラマ「真田丸」の舞台でした。なので去年のうちに紹介するのならともかく、このタイミングで行くの?と思われるかもしれません。穴場でもないし、もともと観光スポットとしては知られている場所ですから。

ワタシは神社仏閣といったパワースポットと呼ばれる場所に行くのが好きです。このブログでは基本的に大阪か近隣県のことを書いています。しかし旅行するときにはこの限りではありません。

そんな中「大坂城ってすごいパワスポらしいよ」という情報を得たのです。

大坂城ってどんなパワスポなの?

そっち系の人に言わせると、神社やお寺というのはその場所がいわゆる「イヤシロチ」と呼ばれる場所で、その空間にいることですでにある程度の効果があるそうです。どんなご利益があるのかとかはそれぞれになります。

大坂城の敷地内には豊国神社があります。豊臣秀吉・豊臣秀頼・豊臣秀長を主祭神とする神社です。神社仏閣は場所選定の段階でエネルギーの強い場所(つまりパワスポ)を探すとされていますので、この神社のことならわかります。

でもそうではなく、大坂城だというのです。かつての天下人であった豊臣秀吉が住んでいたというのは理解できますが、現在の天守閣は昭和に入ってから再建されたものです。大河ドラマ「真田丸」にも出てきたように、戦乱の場所でもありました。江戸期に再建されたものは家事で消失しています。

このような歴史的経緯を見ると、パワースポットと呼べるほど良い気が流れているのか?と疑問に思ってしまいます。

では、大坂城にはどのようなご利益があるのでしょうか?

スポンサードリンク


大坂城のご利益

李家幽竹さんによると、このあたりは金気が流れ込んでくる土地だとか。

ただ、豊臣秀吉の時代と現在は少し異なるようです。

写真は天守閣から北東の方向を撮ったものです。

大阪城ホールがあり、その向こうには高層ビルが林立しています。経済的には現在の大阪は東京に比べるとまったくもって小さくなってしまいました。その一つの理由として、大坂城の鬼門方向に高層ビルが建てられたこととする人もいます。

一方、農民(下級武士だったという説もあり)から天下人へまで上り詰めた人物ゆかりの土地・建築物としてのエネルギーはしっかりとあるとのこと。いわゆる”出世開運“のご利益の強いパワスポということになります。

ただし、きちんと天守閣まで行きましょう(有料ですが)。

お城とパワスポという観点でワタシが聞いていることとしては、
・戦国期の建築物が良く(上昇志向)、江戸に入ってから建てられたものは弱い(どちらかというと統治・管理向け)
・廃城は弱く、再建でも天守閣があるものが良い
というものがあります。
再建でもokという意味では大坂城はいけてます。

また、ワタシが個人的に感じていることとしては、運気ってほど大げさでなくても、ちょっと鬱々した気分のときは「高いところから見下ろす」行動をすると気分がスッキリします。

その点では大阪城天守閣のほか、梅田の天空タリーズやツインタワー、ハルカスなどもok。タリーズでも大阪ステーションビルでは何も見えませんので、店外にでてしばらく風景を楽しむのがいいですね。

大阪城天守閣へのアクセス・地図

大阪城天守閣
住所:大阪府大阪市中央区大阪城1-1 [地図]

天守閣へは、最寄りの駅から徒歩約15分です。
JR環状線の「大阪城公園」「森ノ宮」、地下鉄谷町線の「谷町四丁目」「天満橋」、地下鉄長堀鶴見緑地線の「森ノ宮」です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です